マãƒŧヤブログBlog

đŸ–Œæ›¸é“đŸ–Œ

マãƒŧãƒ¤ãŽé‡Œã€Œä¸Šé‡ŽčŠã€ã§ã¯ã€ãƒŦクãƒĒエãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗぎ時間をäŊŋい、

䚅しãļりãĢ書道をしãĻ頂きぞした。

始めは、įš†ã•ã‚“įˇŠåŧĩされ、お手æœŦを凝čĻ–されるばかりで「こんãĒ上手ãĢ書かれへんわ」

「é›ŖしいãĒīŊžã€ã¨ãĒかãĒかį­†ã‚’持ãŖãĻ頂けぞせんでした。

そこで一文字į›Žã‚’čˇå“Ąã¨ä¸€įˇ’ãĢ書いãĻãŋると少し厉åŋƒã•ã‚ŒãŸãŽã‹ã€

æŦĄã€…と書いãĻ頂けるようãĢãĒりぞした。

 

 

最垌ãĢは、ごč‡ĒčēĢぎ名前もしãŖかり書いãĻ下さいぞした。

æŽĩ々と昔を思いå‡ēされたぎか、文字も整い、しãŖかり重ãŋもå‡ēãĻきぞした。

įŸ­ã„時間でしたが、æĨŊしんで頂けたようãĢ感じぞした☆